超高齢妊娠|出産実績の健美鍼灸院!東京銀座・新橋から徒歩5分

東京[銀座/新橋]健美鍼灸院 子宝鍼灸相談室 ロゴ画像

予約制 03-3571-4189 TEL文字画像

不妊・妊婦の豆知識

[Vol.100]
<<<次の記事  前の記事>>>
バックナンバーはこちら
次の妊娠のための「流産」と「不育症」講座Part1 概要編

やっと授かった赤ちゃんを失うのは、つらく悲しいこと。
次の妊娠は大丈夫か?そもそも妊娠できるのか?など不安になりますよね。
でも大丈夫です。正しい知識を持って適切な検査・治療を受ければ、次の妊娠につなげられるんです。
今回から3回にわたって、「流産」と「不育症」についてのお話をしますが、1回目の今回はその概要からお伝えします。
流産した・・・ 不育症の診断を受けた・・・ それでも専門の医療機関で治療を受ければ、約80%の人が赤ちゃんを産むことができます 文字画像

流産の原因の多くは受精卵の染色体異常

一般に、妊娠した人の約15%が流産するといわれ、その原因の約80%は胎児(受精卵)の染色体異常だと考えられています。
流産後に自分の行動を振り返り、「何が悪かったのだろう」と原因を探す人は多いのですが、多くの場合、お母さん(両親)のせいではない事のほうが多いのです。
陽性食品を積極的にとりましょう。

不育症の人の半数以上が「異常なし」

一般的に、2回連続で流産・死産があると「不育症」と診断され、専門クリニックでの検査をすすめられます。
しかし40%以上の人が、検査をしても流産につながる原因が見つからず、「異常なし」と診断されます。「異常なし」ならば、次の妊娠はもちろん可能。実際、2回流産した人の3回目の妊娠成功率は、約80%とかなり良好なのです。

流産を繰り返しても治療で多くの人が出産できる

不育症の検査をした結果、夫婦どちらかに染色体異常がある、子宮の形が悪い、自己免疫異常があるなど、原因が明らかになることも。その場合は専門クリニックで、原因に添った治療を行います。
下のグラフが示す通り、流産回数が5回までの人では平均70%以上、6回以上繰り返した人でも、妊娠・出産の可能性があります。

染色体異常を除いた流産回数と出産成功率 説明図

次回は「流産」について、少し掘り下げてみてみましょう。お楽しみに。


[参考文献]
Pre-mo Baby-mo 特別編集
「赤ちゃんが欲しい」2017 Autumn

健美鍼灸院
■所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-10 7F
■TEL
03-3571-4189
メールはこちらから

アクセスマップ

↑ PAGE TOP