超高齢妊娠|出産実績の健美鍼灸院!東京銀座・新橋から徒歩5分

東京[銀座/新橋]健美鍼灸院 子宝鍼灸相談室 ロゴ画像

予約制 03-3571-4189 TEL文字画像

不妊・妊婦の豆知識

[Vol.79]
<<<次の記事  前の記事>>>
バックナンバーはこちら

卵のこと、もっと知ろう Part5
卵のこと、もっと知ろう Part5 イメージ画像
知っているようで、実は知らないことがたくさんある「卵子」。
そもそも卵子でどうやって出来ているの?
個人差はあるの?
など、分からないこともたくさんあると思います。

今回は、そのような誤解や勘違いをスッキリ解消する「卵子の基本知識パート5」をお伝えします。


体外受精でも受精しないのは、卵子が老化しているから?

これは一概に卵子の老化だけが原因だとは言えません。
卵子ではなく、精子側の問題で受精障害を起こすこともあります。数や運動率は正常でも、なぜか精子が卵子を嫌って入っていかないというケースも実際にあります。
このよう場合には、人の手で受精させる顕微授精という方法もあります。精子の数が極端に少ない人は最初から適応になりますが、精子に問題がなくても、体外受精で数回トライしてうまくいかない場合も、この方法を提案されることがあります。

また、患者さんから「卵子が老化している場合、顕微授精すればうまくいきますか?」と聞かれることもあります。これについては、少しは助けになるかもしれませんが、本質的には大きなメリットになるかどうかは何とも言えない という回答をせざるを得ません。
受精はしたとしても、その先の受精卵の成長は、顕微授精をしたからといって良くなるとは言えないのです。
ですから、すぐに「年齢が高く、卵子が老化していることが考えられるから顕微授精にしましょう」という選択には至らないのではないかと思います。


[参考文献]
Jineko 2015winter

健美鍼灸院
■所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-10 7F
■TEL
03-3571-4189
メールはこちらから

アクセスマップ

↑ PAGE TOP