超高齢妊娠|出産実績の健美鍼灸院!東京銀座・新橋から徒歩5分

東京[銀座/新橋]健美鍼灸院 子宝鍼灸相談室 ロゴ画像

予約制 03-3571-4189 TEL文字画像

不妊・妊婦の豆知識

[Vol.75]
<<<次の記事  前の記事>>>
バックナンバーはこちら

卵のこと、もっと知ろうPart1
卵のこと、もっと知ろうPart1 イメージ画像

知っているようで、実は知らないことがたくさんある「卵子」。
そもそも卵子でどうやって出来ているの?
個人差はあるの?
など、分からないこともたくさんあると思います。

今回から2回にわたり、そのような誤解や勘違いをスッキリ解消する「卵子の基本知識」をお伝えします。

まずは卵巣~子宮を見てみましょう 文字画像
まずは卵巣~子宮を見てみましょう 図
卵子の基礎チェック 文字画像
卵子の基礎チェック 説明図
人間は閉経を迎える動物 文字画像
卵子になる細胞は、胎児の時がもっとも多く数百万個。卵巣に原子卵胞がぎっしり詰まっています。女性の月経が始まり、第2次性徴を迎えるころには10分の1に減って数十万個。月に1個排卵しているので1年間に使う卵子の数は12個で、月経のある年数を40年で計算して合計480個。排卵誘発剤を使ったとしても、何十年も不妊治療をするわけではないから使う卵子は1000個程度です。
ではなぜ、数十万個もある卵子が40年ほどでゼロになるのでしょうか。
ゼロとは「閉経」を意味します。ほ乳類で閉経があるのはほぼ人間だけで、サルもチンパンジーも閉経がないため死ぬまで子どもを産み続けることができます。

人間の場合、50歳以上の妊産婦の死亡率がとても高く、卵子の老化に起因する染色体異常率も高くなるなど、デメリットが圧倒的に多く、出産時のリスクが高すぎます。
そのため、種の保存という観点から、閉経という独自の進化を遂げたのだと考えられています。

閉経するように遺伝子がプログラムされているため、数十万個ある卵子をゼロにしなければならない。毎月、1個排卵するたびに約1000個が自然消滅(アポトーシス)して、50歳前後でゼロになり、最終的に閉経を迎える という仕組みです。

次回は卵子の質や卵巣年齢などについてのお話です。お楽しみに。

[参考文献]
Jineko 2015winter

健美鍼灸院
■所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-10 7F
■TEL
03-3571-4189
メールはこちらから

アクセスマップ

↑ PAGE TOP