超高齢妊娠|出産実績の健美鍼灸院!東京銀座・新橋から徒歩5分

東京[銀座/新橋]健美鍼灸院 子宝鍼灸相談室 ロゴ画像

予約制 03-3571-4189 TEL文字画像

不妊・妊婦の豆知識

[Vol.73]
<<<次の記事  前の記事>>>
バックナンバーはこちら
鍼灸プラス食習慣で妊娠力をアップしてPМSを改善!
鍼灸プラス食習慣で妊娠力をアップしてPМSを改善! イメージ写真
お腹の少し下やお尻を触ってみて、そこが冷たかったら、子宮や卵巣が冷えて妊娠力が低下しているかもしれません。
下腹部が冷えると卵巣や子宮も冷えて働きが低下します。

ホルモンのバランスも崩れPМSの原因に。冷えを改善して妊娠力をアップさせる為に、鍼灸プラス食習慣で気をつけたい、いくつかのポイントをご紹介します。


子宮や卵巣は栄養不足になりやすい


冷えて縮こまった子宮や卵巣の血流が悪くなります。
そのままにしておくと、ホルモンバランスや自律神経にも影響します。
するとPМSの症状も辛くなり、生理痛の原因にも。さらに、酷くなると不妊の原因になることもあるのです。
普段から定期的に冷え改善の鍼灸を受けて、冷えないようにカラダを温める食べ物や飲み物を選ぶことは、妊娠力アップには欠かせませんが、生命の維持に関係の少ない子宮や卵巣は、心臓や脳などに比べてカラダの中での優先順位が低いので、栄養が不足してしまいがちな部位。
毎日栄養バランスにもしっかり気を配って、色々なものを食べることが重要です。

鍼灸施術中に【お勧め食材】


鍼灸施術中に【お勧め食材】 イメージ写真
● 木の実類
  くるみ、栗、松の実、アーモンド、クコの実、なつめなど
● 豆類
  大豆、黒豆、ささげなど
● 香りの強い野菜
  にら、にんにく、玉ねぎ、しょうが、ネギ
● ハーブやスパイス
  ういきょう、シナモン、花椒(かしょう)、クローブ
● 動物性たんぱく質
  ラム肉、えび、うなぎ、鹿肉
● その他
  山いも、ハスの実、よもぎ

《妊娠力アップのスペシャル食材》

◆よもぎ
体をあたためる効果が高く、婦人科系の不順に高い効果が。

◆はすの実
れんこんの地上に出ている花の実。
腎を強化して滋養をつけ、精神安定効果も。

《控えたほうがよい食材》
水分の取りすぎ、塩けの強いもの、冷たい食べ物、牛乳や白砂糖のとりすぎ

健美鍼灸院
■所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-10 7F
■TEL
03-3571-4189
メールはこちらから

アクセスマップ

↑ PAGE TOP